2015年03月21日

オススメの双眼鏡 14 コンサート会場:Zepp DiverCity Tokyo (ゼップダイバーシティー東京)2階2B列 からの見え方


オススメの双眼鏡 14
 
Zepp DiverCity Tokyo (ゼップダイバーシティー東京)

2階2B列 からの見え方


DSCN0019.jpg

これまで、買って後悔しないオススメの双眼鏡を
いくつかの実例(見え方)をあげてご紹介してきました。

今回は、 ZEPP ダイバーシティ東京 で行われた
某アーティストのライブに私が普段使用している双眼鏡を持参し
どの程度の見え方になるのかを確かめてきましたので
綴ってみたいと思います。


その前に・・・

Zepp DiverCity Tokyo の座席と
入場のシステムについて触れてみたいと思います。

Zepp DiverCity Tokyo の座席構成は、
以下の2パターンに分けられます。

 ●スタンディングがメインのパターン(A)

 ●全席椅子席のパターン(B)


それぞれのキャパ(観客総数)は以下のとおり。

(A)スタンディング時:合計2,473人
  ・1階 2,107人 (スタンディング)
  ・2階 214人 (座席)
  ・2階 152人 (スタンディング)

(B)椅子使用時:合計1,102人
   ・1階 888人 (椅子)
   ・2階 214人 (座席)


この日のライブはパターン(A)

チケットに記載された整理番号順の入場によるスタンディングと
2階席にのみ設置された椅子席(全指定席)から構成されます。


入場の方法は・・・『整理番号順入場』

@開場時間になると、会場入口でスタッフが
 「**番から**番の方!」と呼び込みを始めます。

A入場は『スタンディング』→『2階指定席』の順で呼ばれ
 若い整理番号のチケットを持っている人から順に入場します。

スタンディングの場合は全席自由。
整理番号が若ければ若い程、ステージ前方の
良席を確保することが出来るということになります。

 Q)同行者と整理番号がズレており一緒に入場したい場合は?

 A)入場順を整理番号が遅い人に合わせれば
   一緒に入場することができます。


この日のアーティストは・・・

●1974年12月8日生まれ(大阪府出身)
● 幼少の頃からピアノを弾き始め
● 1996年(22歳)から作詞、作曲を手がけ
 大阪のレゲエやヒップホップクラブで活動を開始
● 2002年デビューシングルが50万枚のヒット
● 2005年には全国ライブツアーを開催
● 2010年6月、自身が主催する野外イベント
 FREEDOM 2010 in 淡路島 “青空”を開催
 2日間にわたり観客延べ3万人を動員した

私自身はこのアーティストの曲は全くわからず、
もちろんライブに行くのも初めてでしたが
『これぞライブ!』躍動感があるライブに感動。
ファンの方のパワフルな応援に圧倒されながらも
楽しい時間を過ごすことができました。

そんな****さんのライブで特に印象に残ったのが・・・
『開演前に場内放送されたアナウンス』です。

アナウンスの内容は以下のようなものだったと記憶しています。

「本日は****ライブにご来場頂きありがとうございます。
 演出上の都合により開演中は避難誘導灯を消灯します。

 (ここまではどこの会場でも聞くアナウンスです)

 また開演中の『光り物』『ホイッスル』『歓声』などは

 演出を・・・(妨げる!というのかと思いきや)

 さらに盛り上げるため、遠慮なく行ってください!」

 このアナウンスに会場内は大歓声!

 大盛り上がりでライブがスタート!

私自身、ジャンルを問わず年間30回以上の
ライブ・コンサートに行っていますが
上記のようなアナウンスは初めて聞きました。

これまで、主催者側が様々な方法(企画)で
開演前の場内を盛り上げるのを目にしてきましたが
『場内アナウンス1発』でライブを盛り上げる
この手法はかなりの効果があると感じました。

これぞライブ!
まさにライブの原点を観たような気がしました。

パワフルで躍動感を感じたそのアーティストとは?

 アーティスト名は:こちら



それでは本題です。

この日の私の座席は『 2階2B列』。

DSCN999200001.jpg

様々なアーティストのファンクラブに入っている
コンサート好きの友人がチケットを確保。
プレミアムチケットともいわれる希少な2階席で
ゆったりとライブを鑑賞することが出来ました。

Zepp ダイバーシティー東京の2階席は
2A列から始まり2F列までの全6列。
2B列は前から2列目ということになります。

【参考】
 Zepp ダイバーシティー東京座席表(リンク):
 http://hall.zepp.co.jp/pdf/dc_seat.pdf

2列目とはいえ2階席ですから・・・双眼鏡は必須。
むしろ『双眼鏡を持参しないと後悔する座席』です。

前列との段差がありますから、
たとえ前の人が立ち上がったとしても
頭ひとつ分は視界が開けますので、
双眼鏡を使用することに支障はありません。

Zepp ダイバーシティー東京の2階席は
必ず双眼鏡を持参されることをお勧め致します。


実際にこの座席から
双眼鏡を使用した場合の見え方ですが・・・

私の座席2階2B列から 私が普段使用している双眼鏡
を使用した際の見え方は以下のとおりでした。

2階2B列 → ステージ上のアーティスト
【倍率:14倍】
110659r0001.jpg

最低倍率(14倍)でここまでアップになりますから
アーティストの表情はもちろん
バンドメンバーが演奏するギターの指使いまで
はっきりと見ることができました。


【参考】

 私がコンサートに持参している双眼鏡は:こちら



〜 豆知識 〜

Zepp ダイバーシティー東京
1階整理番号順入場時の場所確保について

1階は何カ所か段差になっているところがあります。
中途半端な整理番号の場合は、少し後方に下がり
『段差になっている真上付近を確保する』ことをお勧めします
視界が良好になりライブが楽しめます。

また、入場後にトイレに行った場合、
元の場所(最初に確保した場所)に戻ることは出来ません。
『トイレは入場前に済ませておくこと』をお勧めします。

トイレは会場が入っている建物内もしくは、
正面入口に向かって右側の公園内にも公衆トイレがあります。
ご参考まで。


その他の最新情報はこちら:
ZEPP ダイバーシティ 東京(Zepp DiverCity Tokyo) 
アクセス / 座席表 / 双眼鏡 / 駐車場 / 食事 / トイレ
自動販売機 / 交通・宿泊 / チケット/ 応援・グッズ / 豆知識
http://concert-info-guide.seesaa.net/category/21010810-1.html





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック